保育士になるには短大・大学・専門学校?各学校のメリット・デメリットについて

保育士…かわいい子どもたちと毎日一緒に過ごせる職業。「こんな天職他にはない!」と思っている方必見です。保育士とは子どもの命を預かるお仕事ですので、学ぶことがたくさんあります。どんな保育士になりたいのか、自分の中での理想の保育とはどんなものなのか。このことを明確にし、自分に合った学校選びをするのは必須です。

各学校により特徴や力を入れている部分は違いますが、保育士養成学校は大きく分けて3つあります。2年制の短大・4年制の大学・2年や3年制の専門学校。この中からどこを選ぶかが現場に出たとき重要となっていきます。そこで、各学校それぞれのメリット・デメリットをみていきましょう。

短大のメリット

保育士は一つの現場でキャリアを積んでいくことがほとんどで、実際、机で学ぶより実践して学んでいくことの方がほとんどです。少しでも早いうちに現場に出てしまえば、嫌でも仕事をしながら実践し覚えていくことができます。

また、保育士資格を取得しようとすると、保育園はもちろん児童福祉施設などにも実習にいきます。すると、今まで知らなかったことや職務を経験し、考え方や就職に関しての思いが変わってくることもあります。

そのため、2年制ですぐに保育士の現場に入れる短大にはメリットがあると言えます。

加えて、多くの卒業生を輩出している学校には、保育士の資格で働ける様々な求人募集が来ますので、就職しやすくなります。就職活動でも、若いうちに就職する短大生は、採用してもらいやすい傾向にあります。

大学のメリット

大学は4年間通いますので、保育士以外にも保育をするうえで活躍する資格を十分に学び、取得することができます。例えば、「特別支援教育教諭」や「小学校教諭一種」、「幼稚園教諭一種」などです。

いま現場では、発達障害の子に対する受け入れや支援が保育士不足もあり必要とされています。また、待機児童の問題で認可外保育園や企業内保育園も増えてきています。

園によっては、放課後事業として保育園で小学校から帰ってきた子どもを預かる取り組みをしているところも多くあり、そうした時に保育士以外の免許を取得していることで、働きやすく必要とされます。そういった資格を取るためには十分時間があるのが、大学です。

専門学校のメリット

「専門」となっていますのから、現場で役立つことを短期集中型で学ぶことができます。また、短大や大学もそうですが、様々な経歴を持った方や主婦だったけれど、保育士になりたいといった方も敷居をまたぎやすい環境となっています。

保育士の資格だけあれば十分!と思っている方は、同じ2年通っても短大とは学ぶ面で特に違いはありませんし、学費も抑えることができます。実践して学んでいくには専門学校も短大も変わりません。

短大のデメリット

もし公務員試験を受け、公務員で保育士として働いた場合、大学を卒業した人とは収入面で差が出て、短大卒の方が低くなってしまいます。また、いくら実践して学ぶことが大切といっても、保育士資格を取得するわけですから、大学と同じ内容を学びます。

短期で知識や技術を学び、実習にも行かなければならないため、忙しくなります。バイトをしたり、プライベートも充実させたい場合は、なかなか難しいかもしれません。

大学のデメリット

大学のデメリットはただ一つ。卒業し就職した際に同期が年下ばかりだったり、先輩が同い年だったりすることです。園にもよりますが、短大生ばかり好んでとる園と平等にとる園と、色々です。

どうしても保育現場は女性ばかりですので、人間関係が難しい園もあります。そうした時に、同期は心強い味方になり働いていくうえで、励ましあったり苦楽を共にするかけがえのない存在になります。その相手が年下ばかりで気を遣ってしまったり、年下の先輩先生たちと仲よくしていく自信のない方には難しいかもしれません。

専門学校のデメリット

短大と同様、二年間で資格を取得しなければならないため、忙しくなります。また、各専門学校によりますが、卒業と同時に保育士資格を取得できなかったり、保育士試験の際、一部のみしか免除してもらえず、試験をし始めから受けることになる可能性もあります。

費用に関しても同様で後々他にも発生することがありますので、きちんと調べたうえで入学することが大切です。

まとめ

いかがでしたでしょうか。短大・大学・専門学校それぞれのメリットデメリットを紹介しました。働きたい保育園に就職するためにも、自分に合った学校を見つけ、惜しまず経験し学んでいくことが大切です。保育の現場では本当に様々な技術が必要になります。

各学校により特色は様々ですから、どこにいけば充実した学生生活を送ることができるのか、また就職率なども見ながら検討することをおすすめします。ぜひ、たくさん悩んでたくさん考えて、自分の夢を叶えてください。かわいいこどもたちが、あなたを待っています。