保育士なのに、わたし子供嫌い?そんな風に思った時の対処法

保育士は一般的に「子ども好き」の人がなる職業です。子どもに対して愛情をもってケアをしたり、一緒に遊んだりできなければ、保育士の仕事は苦痛でしかありません。

しかし、保育士の中には「自分はもしかして子ども嫌いかもしれない」と感じる人がいます。

こちらも参考にどうぞ→好きで始めたのに!保育士が子ども嫌いになる7つの瞬間

「子ども嫌い」は新人保育士が陥りやすい悩み

実は「子どもが嫌い」と一度でも感じたことのある保育士は少なくありません。

特に新人保育士にとっては「イメージしていた保育士の仕事」と「実際働き始めての過酷な業務」とのギャップが大きく、いわば「理想と現実」の違いに悩まされるケースが多くあります。

慣れない仕事の中で「子どもが嫌い」と感じてしまうことは、ある意味で当然なのかもしれません。

では具体的にどういった場面でそう感じるのか見ていきましょう。

1.泣き声が嫌

子どもの泣き声を聞いたことのある人は多くても、大人数の泣き声の大合唱に囲まれたことのある人はあまりいないでしょう。

しかし、保育園の乳児クラスではそれが日常茶飯事。特に4月の預け始めの時期はお母さんと離れることに慣れていないため、大声で泣く子どもが多くいます。働き始めて間もないと、この大音量の泣き声に滅入ってしまう保育士も少なくないのです。

中には職場を離れても、耳に残る泣き声で夜も眠れないという人もいるくらいです。

言うことを聞かない

純粋無垢で可愛らしい子どもたち。そんな面もある一方で、生意気で憎たらしい子どもも少なからずいます。

信頼関係ができるまでは反抗的な態度をとる子どももおり、まったく言うことを聞かず、クラスの輪を乱す子どもに対して「嫌い」「苦手」と感じてしまうのは人としてある意味しょうがないのかもしれません。

保育に余裕がない

保育士自身の経験が浅いと、余裕をもって保育を行うことは難しいことです。そこで、上司や先輩保育士にフォローしてもらい、少しずつ業務に慣れていくものですが、ここであまり助けてもらえなかったり、逆に責められたりしてしまうと、精神的にも肉体的にも余裕がなくなってしまいます。

そういった状況になると、子どもたちを素直に可愛いと思えなくなってしまう、という事態も起こりえるのです。

どんな対策をすれば良いの?

こうしたことが誰しもあり得ることだとすれば、もし「わたし、子供嫌いかも」と思ってしまっても、少しは安心できるのではないでしょうか?

では、具体的にその対策はあるのでしょうか?以下では、「子ども嫌い」と感じてしまったときの対策を見ていきましょう。

慣れるのを待つ

「子ども嫌い」と感じる人の多くが、慣れない仕事に疲れてしまっている状態です。ですが、時間の経過とともにこの感覚は薄れてくることが多いです。

泣き声などは2、3カ月もすれば耳が慣れて聞き流せるようになります。気付けば自然と余計な力も抜けて、また子どもとの信頼関係もできてくることで「子ども嫌い」と感じることが少なくなってきます。

上司・先輩のフォローに求める

時間が経過してもまだ「子ども嫌い」が付いてまわる場合は、自分が仕事を背負い込みすぎていないか見直しましょう。自分のキャパを超えた仕事を抱えている場合、ゆとりがなく、そのストレスが子どもたちへの態度に出てしまうことがあります。

上司や先輩保育士に、相談して、仕事の仕方を指導してもらうか、場合によっては、負担を減らす采配をしてもらうことが必要となります。

保育士を一度離れてみる

時間が経過しても、自分の仕事が適正な量になっても、それでも「子ども嫌い」という感覚が払しょくできない場合は、他の仕事に就いてみるということもひとつです。

一度保育士を離れ、子どもと関係のない仕事に就いてみることで、改めて客観的に自分が子どもに対してどういう感情を持っているか考えることができます。

そのときにまた保育士がしたい、と思えればまた保育の道に戻ることはいつでもできます。資格を持っているため復職しやすいのも保育士のメリットです。

まとめ

保育士が感じる「子ども嫌い」には「仕事の困難さゆえに感じる一時的な子ども嫌い」と「本当に子どもが嫌い」の2パターンがあります。前者の場合は、上記の対応策を参考にすることで改善する余地があります。後者の場合は、精神的なストレスを考えると別の職種に転職することを検討してもよいかもしれません。

「子ども嫌い」であることは悪いことではなく、その人の性格であるにすぎません。自分の性格に合った生き方を選択することは当然のことですので、「子ども嫌い」である自分をまずは受け止め、前進していくことが大切だと言えるでしょう。