保育園の先生が嫌いな時の対処法:苦手な先生に当たってしまった!

保育園は教育方法も様々ですので、入園前に沢山の保育園に見学に行き、選ぶ家庭が多いでしょう。ここだと思えるところに入園できることは、待機児童が多い昨今の世の中では奇跡のようなことです。

しかし、保育園は選ぶことができても、残念ながら保育士を選ぶことはできません。保育園の中に、好きな先生と嫌いな先生がいるというのはよくある話。人間ですから、好き嫌いがあって当然です。

4月の担任発表で苦手な先生に当たってしまった場合、どうしたらいいのでしょうか?

保育園の先生が合わない時はどうする?

保育園の中には沢山の先生がおり、この先生大好き!と思える先生もいれば、苦手と感じる先生もいるでしょう。

相手の良いところを探す

好きな先生に当たればラッキーですが、苦手な先生に当たってしまったとしても、担任になってしまったら少なくとも1年は離れられず、何とか乗り切るしかありません。

しかしそこは大人同士ですので、自分がその先生のどんなところを苦手と感じているのか考え、相手の気持ちを推し量ってみてください。もしかしたら気持ちがお互いに伝わっていないだけで、いい先生かもしれませんよ。

子供が保育園の先生を嫌いな時の対応法

子どもが先生の好き嫌いをするパターンはあまり聞きませんが、それでも稀にあるようです。

子どもの前で悪口を言わない

お母さんは朝やお迎えの時に会うだけなので何とかなりますが、子どもはほぼ1日一緒にいることになるので、苦手という気持ちを取り除いてあげる必要があります。

お母さんやお父さんが、「あの先生よくないよね」「早く1年経たないかな」など、子どもが理解できてしまう表現で悪口を言っていることはありませんか?

子どもは大人の話をよく聞いているので、先生のことは子どもの前で言わないように注意しましょう。

保育士がうちの子供を嫌ってる?

保育士は仕事として先生をしているのですから、子どもを嫌ったり不公平になるようなことは絶対にしてはいけないはずですが、残念ながらそんな先生もいるのが現状です。

そんな先生に当たってしまった時は、まずは先生に嫌われているかもと思ったエピソードを改めて考えてみてください。表情や言葉だけではなく真意を考えてみると、意外と思い違いなんてこともあります。

決め付けは危険

誤解されるような先生の言動が悪いのですが、それだけで決めつけるのは危険です。しっかり状況をとらえ、その上で嫌われているのが決定的であれば、園長先生や主任の先生に冷静に伝えましょう。

しかし1人で抱え込んで相談に行くと、どうしても偏った意見になりがちですので、周りのお母さんと話したり意見を募ることをオススメします。

まとめ

保育園に入園すれば、子どもは生活のほとんどを保育園で過ごすことになります。保育園が楽しい場所であればいいのですが、辛い場所になってしまうとかわいそうですよね。

保育園に通う時期は大きく成長する時期であり、成長を一緒に喜び認めてもらって得る感情が沢山あり、それには保育士が大きく関わってきます。

どんなに保育園の先生が嫌いでも、避けることはできません。うまく受け流し乗り切ることが懸命です。