うまく弾けなくても大丈夫!保育士に必要なピアノのスキル

保育園の先生という職業は、女子小・中学生が将来なりたい職業ランキングで常に上位3位に入っており、その理由には「子どもが好きだから」「幼稚園、保育園の先生に憧れて」などが多いようです。

しかし、いざ保育士になろうと考えた時、ピアノが苦手なことから挫折する人が少なくありません。保育士のピアノのスキルは、一体どれくらい必要なのでしょうか?

保育士はピアノが弾けないとダメ?

保育士の資格を取るための大学や専門学校では、ピアノの授業は必須です。音大付属の学校などでは熱心にピアノの授業を行う場合もありますが、一般の大学や専門学校では習熟度別で授業を行っており、できる人もできない人もいます。

学校で資格を取得する時は多少なりとも弾ける必要がありますが、保育士試験で取得する場合は、ピアノを避けて受験することも可能です。

ピアノが弾けなくても保育園に就職できる?

実際に保育の現場でピアノを弾く機会があるのかというと、各保育室にピアノがある園、ホールにしかない園、毎日弾く園や全く弾かない園など様々なパターンがあり、保育園の方針によって大きく異なります。

ピアノが得意な方が就職の際に選択の幅が広がりますが、特に苦手意識が強い場合はピアノを弾かない方針の保育園に就職するのも一つの手です。

どのくらいのスキルが必要?

毎日歌う生活の歌や季節の歌などは弾けるけど、他は全く弾けないという保育士が多く、楽譜を初見で弾けるレベルの人は園に1人いるかいないか程度。歌のキーに合わせて転調できる人はほとんどいません。

つまり生活の歌2~3曲と、春夏秋冬の曲をそれぞれ3曲として12曲、全部で15曲程度が弾けるようになれば、ピアノに苦手意識を持たずに済むでしょう。

ピアノの練習方法

1.まず右手をしっかり練習
2.次に左手をしっかり練習
3.両手でしっかり練習
うまく弾けない理由には片手の練習が足りないということがあり、ピアノが上手になるためにはこの一連の練習が必須です。

最初はゆっくり、段階的にスピードを上げていきましょう。片手で練習する時は、本来のスピードよりも少し早く弾けるようになるまで練習しておくと、後が楽になります。

スマホ時代のおすすめピアノ練習法

メロディーを弾く右手の練習はそれなりに楽しいものですが、左手の練習は地味でつまらないと感じるもの。

右手がある程度上達したら、右手のみでピアノを弾いている姿を動画に撮り、左手を練習するときにその動画に合わせて弾きます。逆に左手が上達したら左手のみの動画を撮り、今度は左手の動画に合わせて右手でピアノを弾きましょう。

両手で弾いた時のイメージが湧き、単調でつまらない片手の練習が楽しくなる、おすすめの練習方法です。

まとめ

ピアノが弾けなくても保育士にはなれますし、保育をするのにピアノがなくても問題はありません。現代では、歌も踊りもCDで音楽を流すことができます。

しかし、やはり先生がピアノを弾いていると子どもたちは嬉しいもの。初めて歌う曲はゆっくり弾いて、上手になったら原曲のスピードに変えるなど、子どもたちの様子に合わせることもできます。

苦手意識を捨てて、まずは1曲弾けるようになってみましょう。