子どもの心を育てる!保育園での読み聞かせのコツ・おすすめ絵本

保育園で子どもを保育する時には欠かせない絵本。想像力が高まり心を育て、語彙力が増え感情豊かになる効果が期待されています。

保育士の読む絵本に子どもたちは釘付けになり、保育園時代に出会った絵本は大人になってからも強く記憶に残っているのです。絵本や紙芝居の読み方のコツと、おすすめの絵本をご紹介します。

絵本がもたらす子どもたちへの効用

自分で絵本をめくるという行為は子どもの好奇心を満たし、成長に必要な学びがたくさんあります。

まだ字の読めない子が自分で絵本を読むのは、大人からすると意味がないことのように思えますが、絵本を持ってくる、めくる、あっという間に終わって次の本を取ってくる。これら一連の行為には、子どもとって大きな意味があります。

ページをどちらからめくればいいのか、1枚ずつページをめくるにはどうしたらいいのか、ページをめくるとなぜ風を感じるのか…どれも子どもの成長にはとても大切なこと。幼少期から本を親しむことは、将来本好きになる第一歩なのです。

絵本の読み聞かせのコツ

絵本には絵が描かれているのですから、その絵を見て子どもたちがいろいろと想像しながら見ることができるように、読み聞かせをする時は大げさに読まないようにしましょう。オーバーアクションで本を読むと、子どもたちは絵本ではなく読んでいる保育士の顔を見てしまいます。

演出や抑揚、演技は極力抑えて、子どもの想像力を育てるために淡々と読んでください。子どもたちは、想像力を働かせながら絵本の絵に集中して楽しんでくれます。

紙芝居の読み聞かせのコツ

紙芝居は絵本とは異なり後ろに字が書いてあるため、紙芝居の後ろに顔を隠して読むものだと思いがち。しかし紙芝居の後ろからは声が届きにくく子どもたちが集中できない場合があるので、少し顔を出して読み聞かせるようにしましょう。

紙芝居は芝居というくらいですから、読み手は役者のように役になりきって読むのが良い読み方です。場面によって大きな声や小さな声を使い分け、声色を変えるなど工夫して、子どもたちが興味を持てるように読み進めます。

絵の中で注目してほしいところを指差したりするのも効果的。お話が終わった後にどんな内容だったか子どもたちに質問するのも、お話をよく聞いて考えることができるようになるオススメの方法です。

乳幼児におすすめの絵本

わにさんどきっ はいしゃさんどきっ

五味太郎ワールド全開の本。わにさんと歯医者さんは最初から最後まで同じセリフを言っているのですが、絵を見るとお互いの心境がよくわかる、面白い絵本です。歯磨きの大事さも伝えられるので、読んだ後は歯磨きを頑張れるようになるでしょう。

どうぞのいす

どなたでもお使いくださいという意味で書いたはずの、うさぎさんが作った「どうぞのいす」という看板が、おかしな勘違いを生み連鎖していく内容です。どの動物たちも優しい表情で、思いやりにあふれています。

しろくまちゃんのホットケーキ

お手伝いが大好きな子どもたちは、自分でお料理を作るシチュエーションがお気に入り。この本を読むたびに、ホットケーキが作りたくなります。

幼児におすすめの絵本

こんとあき

子どもだけで出かけることは、子どもにとっては大冒険。あきが抱いているぬいぐるみは、誰しもが持っている愛着のあるものと重なります。

きょうはなんのひ?

娘がママにお手紙を書きます。内容はなぞなぞで、答えを探すとまた次のお手紙。会社のパパも巻き込んだ大がかりななぞなぞに、最後は心があったかくなります。

そらいろのたね

狐と交換した種から生えてきたそら色の家。だんだん家が大きくなってくると、入ってくる動物も大きくなります。きつねが独り占めしてしまうと、おうちがはじけてしまうのです。

まとめ

食事を摂ると体の栄養になるのと同じように、本を読むことは脳の栄養になり、こどもたちが絵本から得るものはたくさんあります。

年長クラスくらいになると平仮名を読むことができる子も増えてきますが、まだ字をスラスラ読むことが出来ない子どもは絵本を十分に楽しむことができないため、保育士の出番です。

子どもたちが感じる気持ちを大切にし、感受性が豊かになるような本をたくさん読んであげることで、心の成長を応援できます。