家では仕事を忘れよう!保育士が仕事に疲れた時の対処法

どんな仕事でも、長く続けていると疲れが出てくることは避けられません。それは例にもれず保育士も同様で、疲れやストレスがたまる仕事です。

そんな、仕事でおった疲れを皆さんはどのように解消していますか?

この疲れを引きずっていては、十分に仕事をこなすことができません。失敗も沢山出てきてしまい、周りに迷惑をかけることもあるでしょう。

一刻も早く、疲れやストレスをなかったことにするためにどんなことが効果的なのかをまとめてみました。

参考にしてみてください!

保育士の仕事

保育士の仕事は、子どもを保育するだけでは終わりません。沢山の仕事内容が保育士をまっています。

まず、書類です。書類の種類は1年目の先生から10種類以上あります。毎日書くものも沢山あり、これは主に勤務時間以外でこなしている仕事といえます。

さらに、行事の前には計画をし、会議を開き、シュミレーションをし、と当日に行きつくまでに力つきてしまいそうになります。

そして、保育士のストレスの大判を占めているのは人間関係の仕事です。

子どもとの人間関係、保護者との人間関係、同僚保育士との人間関係、先輩との人間関係とその種類も多岐にわたります。

保育士の仕事でストレスを感じること

仕事量の多さにストレスを感じることもあるでしょうが、それ以上に大変なのが人間関係の問題です。

まず、子どもとの関係を見ていきましょう。子どもはそれぞれ違い、1つとして同じ答えがないのです。Aちゃんが納得してもBくんは納得していないなんてことも日常で起こってきます。

それを最小限にするために、できるだけ沢山の引き出しをもち、多種多様な子どもに対応しなければなりません。一筋縄ではいかない子どもも多いのが現状です。

他に、保護者という強敵もいます。全員がフレンドリーに接してくれるわけではなく、クレームだってきます。

そんな対応も基本は担任の保育士が解決しなければなりません。また、先輩保育士からのストレスも相当なものです。

疲れた時の対処法~プライベート編~

家でも残った仕事をこなしている保育士が多いと思いますが、息抜きも大切です。

保育園のことで頭がいっぱいになってしまっては疲れは取れるどころかどんどん蓄積されてしまいます。

必ず、仕事を忘れる時間を作りましょう。

ゆっくり時間をかけてお風呂に入る、一人で映画館に行って最新作を観る、思いっきりオシャレをして女友達とディナーに行く、などなど。

好きなことに没頭する時間というのは、リフレッシュに一番適していると言えます。楽しいと思えることを何も考えずにしてみてください。

家から出てお出掛けするのもオススメです。仕事を忘れて、気持ちを遊び全開にしてリラックスすることが一番の疲れを取る近道と言えるでしょう。

疲れた時の対処法~保育園編~

保育園内でも気持ちの切り替えを行いましょう。休憩時間がそれにあたりますが、保育園によっては充分に休憩が取れないときもあります。

そんなときは、保育中でも気持ちの切り替えができるようにしましょう。一度深呼吸すると気持ちが落ち着きます。

いっぱいいっぱいになってしまったときは、誰かに交代することも大切です。1人で抱え込まないで周りに助けを求めましょう。

責任感の強い人ほど疲れやストレスに悩まされる傾向にあります。もちろん、誰かが助けを求めてきたら助けてあげてください。助け合いが大切です。

まとめ

仕事でのストレスというは、そう簡単になくなるものではありませんよね。それは、どんな仕事でも同じことが言えると思います。

しかし、だからといって疲れやストレスを放っておくことも体によくありません。疲れやストレスがたまって体調を崩すことは、よくあることです。

そんな時は好きなことに没頭して、仕事を忘れる時間をつくり気持ちをリフレッシュすることを心がけましょう。

また、仕事を1人で抱え込みすぎてはいけません。周りを信じて頼ることは間違いじゃないのです。気持ちに余裕をもって仕事を楽しんでください。