気になる年収は?保育園の園長になる方法

保育園の園長先生は、保育士にとっては憧れる存在なのかもしれません。

園長というポジションになれば大幅な給料アップが見込まれますし、何より自分の保育感で園を運営することができます。

でも、そんな園長にはどんなことをすればなれるのでしょうか?別の資格が必要なの?園長の仕事とはそもそもどんなこと?

今回は、そんな保育園の園長というポジションについて調べてみました。

園長の仕事とは

園長というポジションは、言うまでもなくその保育園の全ての代表者といえます。保育園の運営や経営に関することすべての責任を負っています。

まずは経営に関する業務です。職員のシフトの最終判断や研修費などの出費、補助金などの収入を管理します。

次に安全面です。設備の安全や、毎日検食して給食の安全を確かめたりします。

次に、あらゆる場面での人間関係を円滑にする役目もあります。保育士の管理や指導はもちろん、保護者と関わったりほかの園との交流も大切な仕事です。

クレーム対応も担っていますね。これ以外にも沢山業務はありますし、各保育園によってその範囲も異なります。

直接的な保育からは離れていますが、それ以外のことはほぼ園長先生がしているといっても過言ではないでしょう。

園長になるために資格はいるの?

園長になる資格は保育士資格です。つまり、保育士は誰でも園長になる資格がすでにあるということになります。

保育士資格をとれば一生ものですし、将来園長にもなりうるというのはなんとも魅力的ですね。

ほかには、大体10年の保育士経験が必要と考えている園が多いです。それは、様々な経験が園長にとって必要だからです。

しかし一概に10年とも言いません。もっと早くに園長になっている人もいますし、ブランクがある人がしばらく働いて園長になったということも聞きます。

優秀な人はそれだけ早く園長になれるということなのかもしれません。

資格以外にどんなことが必要?

保育士資格以外にも求められることがあります。それがその保育士さんの資質です。

どんな方が園長としてやっていけるかというと、まずはどんなビジョンをもってどんな資金計画を立てられるかということです。

園の長として、目標をもってお金を使わなければなりません。おもちゃが少ないと思えばそこに、建物が古くなってガタがきていると思えば改築などに、子どもの教育の部分の充実を図ろうとおもえばそこに、と考えによってお金の使い方は全く異なってきます。

このビジョンを正確に立てられ、遂行できる資質が必要です。

ほかには、人間関係を円滑でできることも大切です。地域とのかかわりを密にもち、保育士や保護者、子どもに対しての配慮も忘れてはいけません。

最後に、常に冷静である必要があります。いつ何時事件が起こるかわかりません。そんな時に取り乱さず、園長として冷静に判断することがもとめられます。

園長の給料っていくらくらい?

園長としての経験がない場合、25万~といわれています。園長としての喧々がある場合は30万~といわれています。

一部では、園長先生の年収は1千万円をこえるともいわれます。

保育士は安月給と言われていますよね。実際に、安い給料で毎月ボロボロになりながら働いていることは事実です。

この園長先生の給料が真実だとすればなんとも魅力的な数字ですよね。しかし、その分の責任も計り知れないものがあります。

なにせ園全体の長であり、最終判断はすべて園長先生なのです。そんなことを考えると、妥当というべきなのでしょうか。

まとめ

保育士をしている方は園長先生というポジションに憧れを抱く方もいらっしゃるでしょう。

園長になるために必要な資格は保育士資格のみということがわかりましたね。どの保育士も目指すことができるということには、すこし希望が見えたのではないでしょうか?

給料も魅力的な数字です。目指そうと思っている方はぜひ頑張ってください。

ただ、仕事内容を忘れてはいけません。見えないところで園長先生は大変な業務をこなしているのです。その業務をしっかり理解し、園長というポッジションになれる自信を身に着けてほしいとおもいます。