就学に役立つ遊びを!4歳児の遊び

就学準備の始まる4歳児は、遊ぶだけではなく発達を更に高める事も大切です。

塗り絵ではただのキャラクターものを塗るのではなく、色合いや根気強く一つの作品を作り上げる力をつけてくれる物を取り入れたりと、保育士にも工夫が求められる年齢です。

雨の日は何も出来ないと嘆くのではなく、雨の日だから楽しめる室内遊びや、普段とちょっと違う設定保育をすることで、子供たちの外に出られないフラストレーションをうまく解消していきましょう。

4歳児の室内遊び

子ども達全員で室内遊びをするきは、フルーツバスケットがオススメです。

フルーツにこだわらず、例えば誕生月バスケットや、人気の絵本のキャラクターを利用したキャラクターバスケットなどにすると更に子ども達も大喜びします。

子どもの中には椅子に座れなかったらどうしようと悩んでいたり、大勢の前で声を出すのが苦手だったりする子どももいるので、保育士が常に援助できるようにゲームを見守っておきましょう。

4歳児の運動遊び

4歳児になると足腰もしっかりしてきて走る速度も速くなり、バランス感覚も養われ子ども達は片足立ちが出来るようになっています。

そこで転倒を気にしながら室内で走り回る遊びを無理にするのではなく、走らずに体を動かす遊びである、けんけんぱが雨の日の室内ではオススメです。

複雑なコースを作ったり、片足でけんけんをしながら回転したり、けんけんしながら手を叩いたりなどの発達に応じた課題を与えると、子ども達も単純なけんけんぱでも楽しむ事が出来ます。

4歳児の手遊び

カレー作りなどは比較的お泊り保育で作る事の多い料理です。そんな料理に馴染みを持ってもらうためにも、手遊びのカレーライスがオススメ。

具材や調理過程をこの歌と手遊びで覚える事が出来るので、家庭でのお手伝いに繋がります。

他にはパンのうたがあります。最初は口に出して歌って、その後何も言わずに動作だけで何パンなのかを当てっこする遊びです。子ども達は非常に喜びますし、記憶力を鍛える事も出来ます。

やきいもグーチーパーは小学校でも習う程ポピュラーな手遊び歌です。じゃんけんにもなりますから、保育士と子どもとのコミュニケーションとしても使えます。

4歳児の集団遊び

4歳になると役割を覚える事が出来るようになるので、出来る遊びもぐっと増えます。

室内では色鬼や、ケイドロなど役割のある追いかけっこはかなり喜ばれるでしょう。しかし、走り回って転倒し怪我するのが心配な場合は、じゃんけん列車をすると非常に盛り上がります。

じゃんけんをして、負けた人は勝った人の肩に手を置き後ろについてどんどん勝負しながら歩く遊びです。

単純ですが、友達と一緒に列車のようにくねくね動くのが子どもにとっては楽しいんだとか。

4歳児の制作遊び

4歳児には、どのような制作をする遊びをさせればいいのでしょうか。

まんだらの塗り絵

4歳児になったら、簡単な塗り絵などではなくワンステップ上の塗り絵に挑戦しましょう。まんだらがおすすめ。

まんだらは元々仏の悟りの境地などを文字や仏像、シンボルで表現している物です。今は保育教材として、様々な大きさの円の中に楕円形や丸や四角など様々な形が合わさった物が塗り絵用として販売されています。

塗る部分が多い上に、色の組み合わせも考えなければいけないので、4歳児にはぴったり。

また、まんだらで使う色や塗り方によってその子の気持ちを推測する事も出来るので、発達を助けるだけではなく子どもの心の声も理解する機会になります。

お店屋さんごっこ

4歳児は自分の役割を理解して果たす事が出来る年齢です。

そこで、制作も組み合わせて、紙コップに少量の絵の具を入れて水をそそぎ、ジュース屋さんをすると子ども達は非常に楽しんでくれます。

お店で店員をする子どもも楽しいですし、お客さんの子どももお金を払ったり、色のついたジュースに見立てた水が貰えたりするのでどちらの役割になっても満足する事が出来るでしょう。

4歳児であれば飲む心配はないですが、絵の具は念の為口に入れても大丈夫な物を使うようにすれば安心です。

4歳児の雨の日の絵本

4歳児向けの雨の日のための絵本でオススメなのが、おじさんのかさ。

子どもにありがちな、可愛いから傘をさしたくない!という気持ちを代弁しているので、この本を通して傘をさす事の大切さを子ども達に伝える事が出来ます。

他にも、あめふりの おおさわぎを読み聞かせると、自分達の知らない所で動物や大人達は雨で大変な思いをしているのかな?と子ども達は面白い気持ちになります。

こういった絵本は、自分達を取り巻く環境を絵本の世界とリンクさせて想像力を広げてくれる事でしょう。

まとめ

4歳は徐々に就学の事を視野に入れて設定保育をする年齢。

ですから雨の日の設定保育も、就学の際に役に立つものを取り入れていく事がオススメです。

また、ルールを覚える事もしっかりと徹底をしていかなければ、子ども達だけで遊ぶ際にトラブルの元になります。

ルールを守る事を覚えるためにも、ルール遊びをなるべく取り入れるようにしていくと良いでしょう。

また、4歳だとクッキーなどの調理は材料を混ぜる部分から任せる事が出来るので、クッキングもタイミングがあえばぜひ取り入れてみてください。