保育士におすすめの髪型:好印象でナチュラルなもの、ピンには気をつけて!

子どもたちと走り回ったり、大汗かいたり、引っ張られたり、毎日運動会のように動き回っていると、髪もぼさぼさ… 清潔感と動きやすさ重視のお仕事ですから、不潔感があったりバサバサ邪魔でもいけません。

人は見た目で判断してはいけないといいますが、髪型でその保育士のイメージも決まります。汚らしい保育士に子どもを預けたくありませんよね?

では、園の中で規定のない場合、一体どういった髪型が良いのかおすすめをご紹介していきたいと思います。

髪の色は?

人と人が関わる仕事ですが、アパレルのようなファッション重視のお仕事ではありません。子どもや保護者と関わるうえで、奇抜でない色が許容範囲といえます。

保護者から「こんな保育士に子どもを任せられない。」と思われてはいけません。もし自分だったら…と考えてみてください。

新学期自分の子どもの担任発表の際、金髪巻き髪の先生が出てきたら今後大丈夫か不安になるかもしれません。子どもにとって保育士は、生まれてきて初めて出会う親や親戚以外の大人で、初めての先生なのです。

やはり子どもと関わる以上、できるだけ人としてそのままの姿でいたいものですが、カラーリングをしたい場合は、常識の範囲を考えて行いましょう。

また、毛先が痛んでパサパサしてしまうと色味も汚らしくなってしまいます。日に当たりますし痛みやすい環境にいますから、トリートメントをつけたり、帽子をかぶったりして、ケアすることもおすすめです。

髪の長さは?

髪の長さは、ショートかセミロングくらいが扱いやすいです。ショートの場合は結ばずに、セミロングの場合は結んでください。

また、ミディアムやロングは扱いにくいため注意が必要です。ミディアムは結ぶか結ばないか悩みますし、結んだところですぐに取れては結んだ意味がありません。

ロングは、長すぎると結んでいても邪魔になってしまいます。おしゃれも妥協したくないと思いますが、自分で扱いやすい髪型にすることが一番です。

また、前髪は短く切るかない方が良いです。長いと耳にかけても落ちてきたり、常に気にしなければならず邪魔になってしまいます。

目にかかると視力低下に繋がります。子どもたちのお手本になるためにも、気をつけましょう。

ヘアゴム・ヘアピンは?

ヘアゴムはビニール製の、髪に絡まないとうたっているようなものは、小さくて万が一落とした時に誤飲してしまう可能性があります。他にも細めだったり小さいものは避けた方がよいです。

おすすめは、シュシュとワンポイントアクセントのついたものです。シュシュは万が一落ちたときに子どもが口にしてしまっても、柔らかく傷つくことはありません。ワンポイントがついているものは、固かったりとげとげしいものでなければ、落ちたときに見つけやすかったり、きちんと止めやすいメリットがあります。

また、ヘアピンは極力避けましょう。特にアメピンは細く小さく落ちても気づきません。誤飲へ繋がってしまいます。他にもぱっちんピンなどもありますが、どうしても鋭い部分があるものですから、ピンをしなくても大丈夫な髪型がおすすめです。

まとめ

いかがでしたか?細かいことかもしれませんが、保護者や地域の人々から信頼され好印象を持ってもらうためにも、一般企業に勤めている人々と変わりなく常識の範囲を考えることが大切です。

誰も見ていないと思っていても、誰かに必ず、よくも悪くも見られています。悪い印象より少しでも好印象の方がいいですよね。

また、自分が原因で預かっている子どもたちに傷をつけてはいけません。子どもの肌は柔らかくちょっとしたことで擦り傷ができてしまいます。ヘアゴムややむ負えなくヘアピンをつけなければならない場合も十分注意し、子どもを傷つけない素材を選ぶようにしましょう。