保育士の身だしなみ・髪色・髪型・爪の注意点を総まとめ

印象の良し悪しは身だしなみがきちんとしているかがポイントです。

保育士は好感がもてる身だしなみを心掛けなければいけません。「小さな子ども相手の仕事だから、身だしなみは気にしない」と思っていませんか?小さな子供と関わる仕事だからこそ気をつけなければいけない身だしなみもあります。

保育士として働くならどのような身だしなみが適切なのでしょうか?

髪型は保育の妨げにならないように!

髪型をロングヘアーから爽やかなショートカットに変えただけで子どもの受けが変わったという保育士もいます。髪型が外見に与える印象は非常に大きいですよね。

前髪が目に隠れるくらい長いと、顔の半分が隠れてしまっている為、子ども達に怖いイメージを持たれ、不安にさせてしまうので、長い前髪の場合はピンで留めましょう。前髪だけでなく、サイドの髪や後ろ髪も束ねられるなら、束ねておくことをおすすめします。

また、保育士は髪を二つ分けにしてサイドでくくったり、三つ編みのおさげをしているイメージがありますが、そこには子どもをおんぶをしたとき、髪が子どもの顔にかからないようにといった配慮があります。

子ども達と思いっきり遊んだり、保育の妨げにならないような髪型をしましょう。

髪色は保護者の目も意識して!

保育士は髪の色も気をつけたいところです。カラーリングがダメという訳ではないですが、色目に注意をする必要があります。金髪やパープル系などの色合いは園児を不安にさせる心配があるので避けましょう。できれば自然な髪の色に近いナチュラル系が好ましいです。

保護者に「子どもを安心して預けられそう」という印象を与えることも、保育士をしていく上で大切になります。
大人もそうですが、特に子どもは見た目で判断するので、自分が損をしないためにも過度なカラーは控えた方が良さそうです。

爪は子供に怪我をさせないように!

おしゃれに欠かせないアイテムのネイルですが、保育士は残念ながらNGです。長い爪は保育に支障が出るし、何よりも子どもにケガをさせる危険性があります。他には子どもが保育士に抱きついてきたときに、どこかに当たって爪が割れたりなど、危険だらけです。

また、ネイルをしているだけで嫌悪感を抱く保護者・同僚はいるので、ネイルをするなら休日だけと決め、仕事に取り組む姿勢が必要です。

その他、基本的にアクセサリーなどの装飾品もNGです。子どもに怪我をさせる心配のないように気を付けなければいけません。

服装

ジャージは明るい印象を与えないからNGという保育園もありますが、多くはジャージが仕事着という方針です。子供と走り回ることも多く、保育士にとって動きやすい服装がベストですよね。

保育園によっては指定のポロシャツやエプロンがあり、保育士の服装が統一されている園もあります。服装は自由といった保育園も多く、その場合には露出の多い服装は避けましょう。子ども相手の仕事だからと軽く考えるのではなく、常識を考えた服装を心掛けるべきです。

また、通勤時の服装も保護者の目も考えると、派手な格好や奇抜さがある格好は避けた方が良さそうです。

化粧は適度なナチュラルメイクで

ギャルっぽく見えるメイク、バッチリメイクは周りからの印象はよくありません。清潔で健康的な印象を与えるナチュラルメイクをしましょう。また、どすっぴんより適度なメイクをしていた方が子供受け、保護者受けは良いです。

仕事柄、外で子ども達と遊ぶことが多い保育士は紫外線対策をしないとすぐに日焼けしてしまいます。正直、時間があまり取れませんが、女性ならば日焼け止めクリームを塗る時間を作り、紫外線対策をしましょう。

また、香水などもNGです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。保育士の身だしなみで気をつけることは、保育への支障がないこと、印象を良くすることです。

保護者だけでなく、園児も保育士の格好をしっかり見ているので、身だしなみは良い印象も悪い印象も与えます。保育士は子どものお手本となるので、どこから見られても大丈夫と言えるような身だしなみをしましょう。

保育園で過ごす時間が長い子どもにとって、保育士は保護者の代わりです。不安になることなく、安心してもらえるような存在でいたいですね。そのためにも子供からも好感が持てる身だしなみを心がけましょう。