保育士が楽しいと思う瞬間・やりがいは?:子供の成長や保護者との関係も

保育士は肉体的にも精神的にも辛いお仕事ですよね。日々反省することも落ち込むこともある中で「明日も頑張ろう!」と思わせてくれるのは、やはり子ども達です。子ども達の成長を身近で見られることも元気の源になります。

子どもから学ぶことや、子どもに成長させられる事もたくさんありますよね。日々の生活の中で、保育士が楽しい、嬉しいと思うときは、どういうときなのでしょうか。また、保育士のやりがいとはどういうときに感じるのでしょうか。

子ども達からの「先生大好き」

素直な子ども達から「先生大好き」と言われると「大変な仕事だけど、この仕事を選んで良かった」と心から嬉しさとやりがいを感じますよね。

大好きな子どもたちに慕われること、これは保育士にとって大きな喜びです。辛いことがあっても「大好き」と言われたら、思わず笑顔になってしまいます。普段お母さんやお父さんしか味わうことのできない喜びを、少しだけ分けてもらえるのは、保育士というお仕事だからですね。

子ども達からの「先生大好き」は魔法の言葉です。何度聞いても嬉しい言葉ですね。

子ども達の笑顔

子ども達の笑顔は保育士の元気の源になります。「楽しい!」と言って登園してくる子ども達と一緒に何をしようかな、と考えるだけでワクワクしてきます。色々な感情をぶつけてきたり、満面な笑顔を向けてくれたりする子どもたちに囲まれて、保育士は幸せな仕事なのだと実感します。そして、入園当初は泣いてばかりいた子ども達が笑顔を見せてくれたとき、やりがいも感じますよね。

子ども達と共に笑い、ともに泣き、日々心を動かしながら充実した日々が過ごすことができるのも、保育士という仕事に携わっているからこそですね。

保護者からの「先生でよかった」という言葉

子ども達の性格や、成長はその子によって違います。その子に合った指導の仕方を探り、関わり、成長していく姿を見られるのは嬉しいことですよね。そういう生活の中で、保護者の方から、こんなことができるようになった、と報告を受け、「先生に預けて良かった」と感謝されるのは保育士にとって嬉しいことです。

保護者の方に認められることで「やり方は間違ってなかったんだ」と実感でき、子どもを成長させる楽しさを感じられます。

イベント達成

保育園では運動会や発表会、遠足など1年を通して行事がたくさん開催されます。行事が近づくと準備が大変ですよね。家に持ち帰って仕事をすることも多いです。しかし、当日に子ども達が喜んでくれ、大成功に終わったときは達成感があります。

子ども達の成長を感じる場であると同時に、子ども達にとって「小さい頃の思い出」として強く印象に残るので、やりがいを感じます。

子どもの成長

保育士は子どもの成長を一番近くで見ることができます。言葉が話せなかった子が名前を呼んでくれた瞬間や、トイレトレーニングがずっとうまくできなかった子が成功した瞬間など、子どもの喜びですが、保育士の喜びでもあります。

また、保育士をしていると、親御さんよりも子供と接する時間が長くなることも多く、親御さんより先に子供の成長を見ることが出来たりします。

初めての言葉を発する瞬間を共に過ごせたり、昨日できなかったことが今日はできるようになっていたりと日々感動できます。子ども達の成長は日進月歩です。どんどんできることが増えていく子どもたちに元気をもらう場面も多いですよね。

まとめ

いかがでしたでしょうか。イベントの達成感はもちろん、子どもや保護者の方からの言葉でやりがいを感じたり、元気をもらえる保育士は素敵な仕事ですよね。

また、子ども達の素直さに気付かされる事もたくさんあります。「子どもの成長を見届けていると思っていたが、いつの間にか自分自身も成長させられている事に気が付いた」という事もあります。保育士は大変な仕事だからこそ感じられる事かもしれません。