私、もしかして低すぎ……?保育士のボーナス事情を勤務地別に解説

毎年2回の楽しみであるボーナスですが、保育士の普段の薄給を考えると素直に喜べない人が多いのではないでしょうか。

今回は賃金に悩んでいる方、そして今から保育士を志す方へ向けた、保育士のボーナス事情を紹介していきます。

ボーナスが沢山貰えるところへの就職や転職にぜひ役立てて、高収入をゲットしましょう!

施設保育士

施設に勤務する保育士の平均的なボーナスは、1回に付き最低でも15万~20万、そこに手当などが付くのでほぼ20万超えと考えて良いでしょう。

施設保育士は夜勤もあるので、元々のお給料が普通の保育士よりも3万以上違いますし、保育士の中でも高給取りな方です。

家庭を持ちたいと願う男性保育士に人気がありますが、女性保育士でも勤務可能なので、高給取りに憧れるのであれば施設保育士をお勧めします。

企業付き保育士

企業に付属している保育施設で働く保育士のボーナス額は、驚きの約29万。

企業規模が大きければ大きい程、福利厚生に加えて賃金、ボーナスもしっかり支給されます。

また、最近では企業自体が残業を嫌う傾向があり、残されたりする事も無いので自分の時間もしっかりと確保できます。

夜勤などをせずに安定したお給料が欲しい人にはぴったりです。

認可外保育所の保育士

国や自治体から認可されていない保育所には補助金などが殆どないので、はっきり言うと運営だけで精一杯な所ばかりです。

このため、お給料も他の保育施設に勤める保育士に比べると低く、酷い所では2ケタ行かない事もあります。

認可外保育所の保育士は、補助金の有無の影響もあるのでかなり開きはありますが、平均として約18万と言われています。

認可保育所の保育士

認可外保育所に対して認可保育所は、補助金を受けながら経営をしています。このため、多少はお給料やボーナスも良いと考えて良いでしょう。

平均として私立の社会福祉法人が主体となっている所で約47万、株式会社が主体となっている所で約38万となっています。

ただ、保育所の規模や補助金の金額によってかなり開きがあり、必ずこの高額が貰えるという訳ではありません。

必ず自分の就職する保育所が何処の主体で運営されているか確認しましょう。

院内保育士

病院内に併設される、医療従事者の子どもを預かる保育所。ここでのボーナスは驚きの約50万です。

安定したお給料に加えて、高額のボーナスが支給されます。また、福利厚生がしっかりしていて補助金もしっかり貰えます。

場所によっては夜勤もありますが、かなりきっちりと時間が決められているので体力的にそれほど辛くはありません。院内保育士は保育士の間でも人気があります。

学童保育士

学童にも保育士免許があれば就職する事ができます。学童保育士は認可外保育所とあまり変わらない平均18万と言われています。

子ども達が学校に行っている間は買い出しや掃除などの雑務が多く、帰ってきたら子どもの対応に追われ、かなりバタバタする職場です。

また、子どもが学校に行っている間は1人でも十分だろうということで殆どがパートタイムの人で構成されています。これがボーナスが伸び悩む原因になっています。

公務員保育士

ボーナスでは文句なしでダントツ1位の公務員保育士です。その額は驚きの約66万。

認可外保育所に勤める方の年収の半分にあたる額がボーナスで得られます。

保育士にしては珍しく昇給制度があるため、この金額になるようです。もちろん福利厚生も充実。

認定子ども園

最近増えてきた、幼保一体型の認定子ども園。この園で働く為には保育士資格に加えて、幼稚園教諭の免許を取らなければなりません。

しかし、この努力に見合ったボーナスもお給料も勿論もらえます。平均は普通の認可保育所よりも高い約52万。

幼稚園教諭の免許も持っているのであれば、ボーナスも給与も認可保育所より高いので、認定子ども園に勤める事をおすすめします。