保育士が卒園式で着るおすすめの服装・注意点

卒園式は何度出席しても感動しますよね。保育園に6年間通っている子どももいます。入園当初は小さかった子ども達が心も身体も大きくなって園生活を締めくくる卒園式です。いろいろな思い出が蘇ることでしょう。

そんな大切な卒園式で、いつも動きやすい服装で保育をしている保育士は、どのような服装で園児たちの門出を祝うべきでしょうか?

卒園式での保育士の服装、65%以上が「スーツ」

卒園式は、どことなく袴のイメージが強いかもしれませんが、セットアップスーツなどで参加される方が66.7%、袴は14.8%とスーツの方が多いようです。

そして、保護者の方と比べると控えめなスーツを選ぶ保育士が多いです。もちろん主役は子供とその保護者であり、当然のことに思えますが、案外その気配りを忘れてしまうことも多いようで、注意が必要です。

卒園式で重要なのは、デザインより色と言われています。明るい色のスーツは、とても目立ってしまいます。園でオリジナルなルールがない限りは、黒や紺などの落ち着いた濃い色のスーツがおすすめです。

しかし、落ち着いた色のスーツを着用する際、一歩間違えれば喪服のようになってしまうので、小物で変化をつけて清潔感を出しましょう。

例えば、真珠のネックレスやフリルのブラウス、明るい色のコサージュなどポイントとしてつける良いです。また、ストッキングは柄物・黒を避けて、ヌーディーカラーにし、鞄と靴は同系色にするのがおすすめです。

本当は和装で参加したい?

アンケートを取ると、卒園式は「和装で参加したい」と思っている保育士もおよそ半数程いるようです。我が子のように可愛がってきた園児の卒園式、保育士も華やかな衣装で送り出したいというのが本音のようですが、「卒園式はスーツ」「年長の保育士だけ和装」など、園のルールがある場合も少なくありませんし、避けるべきでしょう。

なかなか着る機会が無い和装なので、卒園式で着ることに憧れる保育士も多いようです。特に卒園児の担任をしている場合、和装を着て卒園児を送り出したいという気持ちが強くなります。

園長先生によっては交渉する事で了承して下さる方もいるので、それとなく尋ねてみることも出来るかもしれません。

和装、洋装それぞれの魅力

袴・着物の魅力は何と言っても美しさと華やかさです。スーツはいつでも着られますが、和装はこういった特別な日にしか着れません。卒園式で和装を着て、子ども達の名前を読み上げる姿は印象に残りますし、子供にとっても素敵な思い出になるかもしれません。

一方、スーツなど洋装の良さは「動きやすさ」と「手軽さ」です。保育士は卒園式でも、何かと動き回る機会がたくさんあります。和装だと着崩れが気になってしまうので、洋装の方が安心できます。

その理由で、卒園式はスーツが良いという園長先生が多いようです。

衣装がレンタル出来る便利なサービス

「特別な日の衣装は、値段が高いうえにメンテナンスも大変」「毎年デザインを変えたい!」と思う方には、卒園式の衣装をレンタルすることもできます。

小物もセットになっていたり、クリーニングが不要だったりと便利な点が多くあります。また、お店に出向かなくてもインターネットで気軽に申し込みが出来るサイトがあるのでチェックしてみて下さい。

まとめ

いかがでしたでしょうか?保育士をしていると毎年、卒園式に参加します。その年の卒園児によって思い入れが違いますよね。特に教え子たちの卒園式は一味違います。

そんな大切な子ども達の晴れ舞台で、保育士はどのような服装で参加したら良いのか迷いますが、その園や、その年の園長先生によっては服装の指定があるので、先輩の保育士に確認してみると良いですね。

卒園式は子ども達と写真を撮る機会でもあるので、清潔感のある服装を心がけましょう。そして、入園式では明るめな色合いのスーツ、卒園式では濃いめの色合いのスーツを選ぶのが一般的なので覚えておきましょう。