保育士になるには:授業内容・実習や試験について解説!

子どもが大好きなので、いつも子どもと一緒に居いられて、成長を共に喜び合える職業である保育士になりたい!と夢を抱いているあなた。

とても素敵な夢ですが、考える以上に保育士のお仕事は過酷で、保育士になるにもかなりの根性が要求される資格職の一つです。

今回は夢を叶えるまでの過程もいばらの道である、保育士になるための方法を紹介していきます。

学校選び

最初に保育士になるための学校に入るのですが、保育士になるためには4つの選択肢があります。

1つは通信教育で保育士になる方法、2つ目が短期大学に入って保育士になる方法、3つ目が専門学校に入り保育士になる方法、最後に四大に入り保育士になる方法です。

学校選びは慎重になるべきで、保育士でも給与に差が出るのが学歴です。また、保育園や施設によっては主任などの役職には四大卒の人と限定している所も少なくはありません。

将来の事を考えて、手厚い四大に進学する事をお勧めします。

授業内容

では、保育士になるにはどのような授業を受けるのでしょうか。短期大学、専門学校に入った場合と四大に入った場合で分けてご紹介します。

授業内容(短大・専門学校)

短大、専門学校は大体が2年で卒業を迎えます。このため、2年の間に凝縮して授業や実技の授業が押し込まれ、短大の場合は卒論もあるのでかなり忙しいです。

授業には座学は勿論の事、体育の授業や実践授業(実際にピアノを弾いて歌ったり、読み聞かせやエプロンシアターなどの設定保育をしたりする授業)が組み込まれています。これにより自主練習や設定保育の資料作りに追われるので、空き時間も殆どありません。

授業内容(四大)

四大も忙しさには多少の差があります。保育学科専門コースであれば、4年間かけてじっくりと保育を学び、保育士になった時に使える設定保育の資料作りや読み聞かせなどの技術面の向上を図るのです。

対して、心理学科などに併設されている保育士免許取得コースになると普段の自分の履修授業に上乗せで保育士課程の授業が入って来るので、かなり忙しくなります。

また、実習中は学校を休まなければならないので、休んだ期間の授業を取り返すのも非常に大変です。

実習

保育士になるには10日間で1回として、計3回実習に行かなければなりません。1回目は施設実習、2回目は保育園実習、3回目は施設又は保育園実習を選びます。

実習(施設実習)

1度目の施設実習は学校側が実習の場所を探してくれます。しかし引き受けてくれた所に配慮をして割り振られるので、泊まり込みの場合が多いです。

10日間同じ施設で実習する仲間と励まし合いながら、非常に厳しい実習を乗り越えます。

実習(保育園実習)

次に行うのが保育園実習です。保育園は泊まる施設がないので、必ず自宅から通える事が条件となります。

保育園実習こそ保育士を目指す人にとっては、待ちに待った実習でしょう。ですが、夢に満ちた保育園実習もかなりハードで辛いです。

ここでは保育園の人間関係の複雑さ、子どもと遊ぶ大変さを知ることになります。華やかだと思っていた仕事内容も、掃除や裏方の仕事などをさせられることで、理想と現実のギャップを感じることでしょう。

試験

過酷な実習を乗り越えたら、実技試験や筆記試験が待っています。

試験(実技試験)

保育士になるためには、大学で保育士体育の授業を受講しなければなりません。

保育園でも近年、体育を行う所が増えています。保育士は踊りを教えるために振り付けのレパートリーを増やしたり、正しいラジオ体操の順番を運動会で子どもの前で教えたりする事もあるので、知っておく必要があります。

保育士は読み聞かせや知識だけではやっていけません!

試験(筆記試験)

筆記試験も勿論あります。保育士として欠かせない保育原理から、何故保育が始まったのか、現代の子ども達が抱える問題やどんな子どもが増えているかなどが問われます。

また、園だよりを任された事を想定して文章をまとめる能力を見るため、文章をまとめるテストもあります。

頭も良くなければ保育士になることができません。

就職活動

一番大切な就職活動ですが、就職に関しては特に心配はありません。企業付きの保育士、保育園保育士、児童指導員、様々な場所から保育のスペシャリストとして求められます。

最初は保育園に勤めたいと入学しても、実習やボランティア、授業を通して就職先の希望が変わる事も珍しくはないです。どんな道に行っても大丈夫なように勉強はしっかりとしておきましょう!