3歳児の言葉の発達について:たくさん話しかけることが大切

3歳児では3語文以上が話せるようになり、同年齢の子どもたちとの関わりも増え、会話が上手になります。言語表現も豊かになり、物の大きさや色の違い、質感を理解し、「おおきい、ちいさい」「ふわふわ、ざらざら」と言葉で表現することが可能です。

そしてこの時期は周囲の物事に何でも興味を持ち、「どうして?」「なぜ?」と質問攻めになるのが特徴でもあります。大人でも簡単に答えられない質問もありますが、誤魔化したり無視したりせず、好奇心の芽を育ててあげたいものです。

3歳児の言葉の理解について

3歳頃は記憶力と理解力が発達し、表現力が飛躍的に伸びる時期です。約800語の言葉を理解していると言われていて、大人や友だちとの会話を楽しむ事が出来ます。絵本の内容が理解出来るようになる子も増えてきて、読み聞かせを夢中になって聞く様子も。

「昨日ぶらんこにのったよね」「明日はほいくえんおやすみだね」など時間の概念や、助詞の使い方など、大人の会話をよく聞いて理解し、言葉を発するようになります。

3歳児の言葉の遅れについて

3歳児の言葉の発達は個人差がとても大きく、助詞を使ってペラペラとお話している子もいれば、片言で1語文や、2語文しか話さない子もいます。あまりにも言葉が遅いと、3歳児検診で言葉の遅れを指摘される場合も。

気にしすぎは良くない

言葉が遅いからと両親は一喜一憂し、神経質になり、療育センター等に通ったりすることもありますが、ほとんどの場合時期が来れば普通におしゃべりが出来るようになってきます。

言葉は少なくても、きちんと目が合い、親の言う事を理解している様子があり、片言でも何か伝えようとする場合は、その後問題なく伸びていくものです。

男女差はある?

男の子は多動で乱暴で、遊びもダイナミック。女の子は男の子に比べて比較的静かでおとなしく、落ち着いて遊ぶ事が出来ます。女の子の方が言葉が早いと言われていますが、生まれつきの違いや脳の発達には差はみられないようです。

しかし多動で落ち着きのない男の子よりも、落ち着いている女の子の方が、ママたちが話しかける量が多いという結果が出ています。会話量が多いという点が、女の子の方が言葉の習得が早いと言われる所以なのです。

3歳で言葉が出ない場合の原因と対処法

最近では、テレビやDVD漬けになり言葉をなかなか発さないということから、以前にはなかった言葉の遅れがあるそうです。大人が先走って代わりに代弁したり、思いを汲み取りすぎて子どもが話す必要がなくなっている場合も、言葉が遅れる傾向にあります。

きちんと耳が聞こえていて脳機能にも問題がない場合、テレビの依存を辞めママと1対1のコミュニケーションをとる、いろいろな遊びを通して話しかける量を増やすなどの改善を試みると、ほとんど問題もなく年齢相応の発達に追いつくのです。

耳や脳機能に障害がある場合は医療的な治療や療育が必要になりますが、そういった問題がない場合は専門機関に相談するなどしたり、生活全般を見直す必要があります。

発音がおかしいときの原因と対処法

発音がおかしい場合、口の中に問題があるのか、何かしらの発達障害があるのか、原因によって対処方法が異なるため確認が必要です。

脳や耳に問題がなければ、親がきちんとした発音で話しかけ聞かせることで覚えていきます。発音が違う事を神経質に指摘して直させようとすると過度のストレスを感じ、吃音など別の問題になりかねません。

あまり神経質にならず、療育に通い医師の指導を仰いだり、正しい発音で話すよう気を付けるようにすれば、次第にちゃんとした発音で話せるようになっていきます。

まとめ

3歳児の言葉は、2歳児と同じくらい飛躍的に成長が進みますが、個人差がとても大きい時期です。言葉が出ない、遅れているという場合、両親にとってはとても心配ですが、病的な問題や脳機能の問題がないのであれば、訓練や工夫次第で言葉の発達や理解度は上がってきます。

両親や家族の協力と愛情で克服できることも少なくありませんので、焦らず見守っていきたいものです。