海外で保育士を目指す方法と注意点は?

日本の子どもたちもかわいいですが、海外の子どもたちもかわいいですよね。日本の良さを海外の子どもたちに伝えていきたい。または、幼児教育の本場で自分を向上させたい。と思っている方もいるのではないでしょうか。

日本にとどまらず、世界に出て若いうちに多くのことを吸収しておくことも大切です。

では、海外で保育士として働くにはどうしたらよいのでしょうか?

海外で保育士として働くには

海外で就職するためには就労ビザが必要になります。国により条件は違いますが、保育士は専門職で、日本人向けの保育園などでは、資格を持っている日本人にしかできない職業としているため、就労ビザが取得しやすいです。

そのため、海外で働く夢を叶えることが可能です。実際、海外では日本人向けに日系保育園・幼稚園、外資系インターナショナルプリスクール、企業内保育やリゾート地の託児所などがあります。

基本的に駐在員や日本人が多く住む国の求人が多いですが、語学力も少なからず必要です。現地で働きながら語学を学びたいというのも十分可能ですが、自分の力やニーズに合った場所を選ぶことが大切です。

注意点はどんなこと?

海外と日本での募集で違う点はまず資格について、保育士資格の他に音楽的な技術条件が出されることが多くあるため、苦手な方は要注意です。

学歴の面では短大卒でもよい国もあれば、4大卒の条件を提示している国もあります。また、保育士としての就業経験が必須な国がほとんどです。各国の就労ビザ申請の条件によりますから確認をしてください。

語学力についてはほとんど何も求められておりませんが、外資系、インターナショナルプリスクールは英語力が求められていて、TOEICを基準としていることもあります。その他に、その求人先はきちんとした体制が整っているか調べることが重要です。

求人探しのポイント

海外ですので、日本で暮らしながら見学に行き、就職先を決めるというのはなかなか難しいと思います。そこで、よい求人と出会うための最低限のポイントを紹介します。

1つ目は、就労ビザを取得するサポートを行っているかです。自分一人でで就労ビザを取得するには大変です。サポートを行っているような大きなところを選ぶのもおすすめです。

2つ目は、住宅手当や寮があるのか、家賃も国により様々ですので確認が必要です。

3つ目は、渡航費用の支給はあるのかです。ほとんどの場合支給されますが、就業期間や契約内容により、自己負担となる場合もあります。

4つ目は、給料の支払い方です。日本円なのか、現地通貨なのかにより、換金した際、金額が異なるからです。

5つ目、面接方法です。日本人向けの求人の場合、日本で行うことがほとんどです。その他スカイプ面接など利用していることもありますので確認しておきましょう。

まとめ

日本で働くよりかなりの手続きと労力が必要になります。しかし、海外でも日本と同じように保育士不足で悩んでいる国(アメリカ・イギリス・ドイツ・中国・インド・シンガポール・ベトナム・タイなど)もありますし、求人も多く寄せられています。

海外で保育士として働きたいと思っている方、チャンスはあります。そのチャンスを掴むためには、信頼できる求人から信頼できる情報を集めることです。治安や文化なども自分に合っているか、働きながら異国の地で暮らしていけるのか考えながら検討してみてください。