離職率は10%超え!保育士を辞めたいと思う瞬間・転職事情

子どもが大好き!やりがいのある仕事だから!と保育士を目指した人は多いでしょう。

魅力的な仕事ではありますが、保育士不足と言われているほど退職率が高いというのも事実です。

では、なぜ保育士をやめてしまうのでしょうか?

やりがいを求め、必死に勉強して保育士になった人が、保育士を辞めたいと思うのはいったいどんな時なのでしょうか?

どんな業種でも、退職や転職はありますが、保育士の世界ではどんな理由で保育士を辞めたいと思うのか詳しく見ていきましょう。

保育士を辞めた理由

どんな仕事でも、仕事を辞めたいと思うことはたくさんあるでしょう。保育士が実際退職までしてしまう理由は給料・人間関係・労働環境の3つです。

給料:専門職でありながら、平均年収が323万円、ほとんど昇給がないのが現状です。

割に合わないと感じる人も多く、生活するうえで厳しさを感じる人もいます。

人間関係:女性の多い職場であることから、職場での人間関係が難しいところも多いようです。

さらに保護者とのやり取りにも神経をすり減らすことも。このように精神的負担が大きいようです。

労働環境:保育士の仕事は重労働で長時間労働です。またその多くがサービス残業だとも言われています。

辞めたいと思う瞬間

退職までには至らなくても、保育士を辞めたいと思う瞬間はあります。

ペアを組む保育士の先生の偏った方針に疑問を感じる、保護者からの無理難題に心が折れるなど、人間関係が困難と感じるときに辞めたいと感じるようです。

他には、勤務の忙しさに不満を感じる人も多く、職員を増やしてほしい、事務や雑務を減らしてほしい、休暇をとれるようにしてほしい、といった希望が多くあります。

就職してみて園の方針がわかることもあり、自分のやりたい保育と違うと、やりがいをもって仕事に打ち込むことも難しいですね。

保育士の転職事情

実際どれくらいの保育士が転職しているのでしょうか?

平成25年の調査の結果によると、離職した常勤の保育士は3.3万人でした。

離職率は公立の保育所で7.1%、私立の保育所で12.0%、全体で10.3%と特に私立では突出して離職率が高いのがわかります。

園の方針に合わないという理由や、他の園の方が給料が良いということで、別の施設に保育士として転職する人もいますが、保育士資格を持ち登録されているにも関わらず、保育士として働いていない潜在保育士は約76万人とも言われており、別の職種に転職する人も多くいます。

転職する理由

あまりにも給料が安くて、やっていられない。転職しようと調べたら、今よりも良い給料のところがみつかり転職を考える、というパターン。

同僚や保護者とのトラブルで辞めざると得なくなったり、園の方針に合わず人間関係が原因で転職したパターン。

残業があまりにも多かったり、休日出勤が多かったりと、よりよい労働条件を求めて転職するパターンの3つが多いです。

まとめ

常勤の保育士の10%が離職しているという退職率の高さ。

最初はやりがいや責任感から頑張っていても、かろうじて支えになっていたやりがいが減ると保育士を辞めてしまうことにつながります。

保育士はとても素敵な仕事です。人給料や園の方針、労働条件をできるだけ調べて就職することで、転職せず続けられる保育園に出会えるかもしれません。