幼稚園と保育園で違いは?保育士の給料・手取りの平均・原因・背景

子どもが好きだから幼稚園や保育園で働きたいと考える方も多いでしょう。

子どもの成長に寄り添うことができる仕事であり、やりがいを感じる仕事であることは間違いありません。

しかし、仕事である以上給料も気になるところ。

初任給の金額や、保育士と幼稚園の先生の違い、昇給などの悩みを解消するため、保育士の給料や、待遇の実態について紹介します。

保育士の給料が安い理由

保育や介護などの福祉サービスは、利用者から高額の利用料をいただくことが難しい業種です。

経営というのは、簡単に言えばサービス利用者や商品購入者からいただく代金を、スタッフの人件費として分配するという仕組みで廻っています。少人数で高利益率の業種ほど、一人あたりの収入が上がりやすいというわけです。

その点、保育や介護など福祉サービス業において理想的なサービスを追求しようとすると、なるべく少人数の利用者に対して、たくさんの職員できめこまやかな対応を低額の利用料で、ということになります。

すると、少ない収入をたくさんの職員で分け合うということになり、低収入ということになってしまうのです。

保育士の給料の手取りは?

厚生労働省の調査によると、保育士の平均年収はこのような状態でした。

平均年収:310万円、平均月給:21万円、男性平均年収:323万円、女性平均年収:309万円。ここから税金がひかれるかと思うと恐ろしいですね。

さらに、私立保育園になると勤務経験や態度により実際はもっと少ないかもしれません。私立の保育園のほとんどが、平均以下と思われます。

公立は私立に比べると優遇させていることも多いので、この値は公立と私立を合わせたものなのでしょう。

やはり他の職種とくらべると残念ながら給料が安いことが現状のようです。求人情報を実際に見ても、正規職員でも16~18万円、さらには13~15万円というところも珍しくありませんでした。

保育士の給料平均

正職員で18万円前後がほとんどです。25万~35万円の園もありましたが、施設長候補など経験者を求めるものでした。

10人以上の規模の園に勤める20~24歳の女性保育士で、月収は180,700円、賞与は、340,200円。25~29歳では、月収は200,400円、賞与は、586,000円となっています(平成23年度)。

月々の給与から、厚生年金や健康保険等が天引きとなりますので、手取りは15万以下といえるでしょう。

親元を離れて独り暮らしをするには、ちょっと心もとない収入かもしれません。

保育園と幼稚園で給料は違う?

まず、保育園と幼稚園の給料の額についてですが、一般的に大きな違いはありません。あるデータによると平均年収は幼稚園の先生の方が若干高いという結果が出ています。

では、保育園と幼稚園の給料は何が異なるのでしょうか?

まずはそれぞれの運営が異なります。保育園や幼稚園は保護者からの保育料に加えて、国・都道府県・市町村の補助金によって運営されています。

保育園は保護者の所得によって額が決まっていますが、私立の幼稚園は独自に設定することができるという違いがあり、園によって収入が異なるので給料も変わってくるという特徴があるのです。

また、幼稚園は預かり保育などがある園もありますが、保育園のように長時間の保育は行っていないので固定勤務が多いのに対して、保育園は交代制の勤務となります。

この勤務体系の違いにより、保育園ではシフト勤務の手当や夜間手当などの手当てがつきます。この手当がつくかどうかが給料における違いといえます。

公立と私立の場合の違い

保育園の公立と私立ではどのような違いがあるのでしょうか?

公立の保育士は公務員なので、公務員の給与規定に従って給与が支給されます。

公立も私立も給与に大きな差はありませんが、公立ではボーナスが確定しているのに対して、私立では保育園が必ずしもで出るとは限らないため、年収で考えると違いが出てくることが多いです。。

また、昇給についても、公立では昇給がありますが、私立ではなかなか昇給せず、勤続年数が上がっても給料が上がらないという特徴があります。

保育士の給料はアップするのか?

給料アップに関しては、園によって異なります。公立の幼稚園は確実にほぼ間違いなくが上がります。

私立の幼稚園については、昇給しにくいという傾向はありますが、園によってはしっかりと昇給していくところもあるので、そういった園であれば給料がどんどんアップしていくでしょう。

ただ、多くの園が給料が上がらないというのが現実のようです。

保育士が給料を上げるための方法

平成27年4月より新制度がスタートしました。それは保育士の給料を上げるというもので、民間の保育士の給料が平均3%改善され、公務員給料の見直しにより平均2%が改善されます。

つまり、給料の5%の改善・引き上げということです。保育園により多少の違いはあるでしょうが、国対策をしてくれたということで、保育士にとっては喜ばしいニュースですよね。

また保育園の運営費を増やすことや経費消滅し余ったお金を人件費に回すなんてことも考えられます。いずれにしても保育士個人で動けることというのは少ないかと思います。

幼稚園免許が生かせる給料のよい仕事

給料アップに望みがない中、幼稚園免許を生かして良い給料をもらえる仕事とはなんでしょうか。

まずは、そのまま幼稚園の先生として転職するという方法です。狭き門ではありますが、公立や給料の良い園に就職できれば給料がアップします。

また、最近では企業の中に託児所を作るところが増えてきました。

大きな企業であればある程度その企業の社員に基づいた給与が出るところもあるので、一般企業に近い給料を貰える場合もあります。

まとめ

保育士のお給料がなぜ安いのかと言うと、一番大きな理由は運営費として支給される金額が少ないからでしょう。

国が保育にもっと力を入れてくれれば、簡単に解決する問題かもしれません。実際、保育士さんのお給料が安いせいで、保育士として就職したいという人が減っているという現実があります。

それによって保育士不足になっており、待機児童問題も解決できないという悪循環に陥っています。

こういった問題を解決するためにも、保育に対して、すぐにでも国が充分に補助する必要があると感じます。

給与面でも待遇の良いところを探すことで、やりがいをもって働けるのではないでしょうか?